ヴェネツィア

 

ヴェネツィアはヴェネツィア共和国の中心地であり、地中海の交易で莫大な富を得て15世紀に全盛期であったとのことだが、当時のままの姿と変わっていないことを観光案内で読んだ。

リアルト橋からの景色

リアルト橋からの景色

リアルト橋は今でも観光の名所であり、カメラポイントであり特にアルノ川の夕景は美しい。立ち並ぶ売店にはカメオは見かけることが少なく、お土産にも流行り廃りがあって、時代性を感じる。

すでにここでは13世紀に、海外への定期商船の航路があったようだ。
遠くコンスタンチン―ブルから黒海へ行く船。キプロス、シリア、パレスチナへの航路、エジプトのアレキサンドリア航路、そして西はロンドンを経てフランドル航路があったとのこと。まさに経済世界の一大中心地であった。

ヴェネツィアで最も古いといわれるサン ジャコモ ディ リアルト教会

ヴェネツィアで最も古いといわれるサン ジャコモ ディ リアルト教会

栄えた第一の理由は、信教の自由都市であったこと。
すなわち、貿易の相手の国、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ギリシャ正教、プロテスタント、エジプトなど商売相手のいかなる宗教とも差別することなく付き合った。
そのおかげで香辛料、銀、顔料、木材、穀物、毛織物、絹織物、奴隷までも高価な商品が取引され商業は拡大されたという事である。まさにヴェネィアはコスモポリタン都市だった。

また、水の怖さを知っている彼らは 神の恩寵を願い、また感謝して多くの教会を建てているが、それはカトリックの法皇に属するものではなくて、修道院、聖人、聖なる遺物を祀り独自の教会に信仰が篤かった。ローマカトリックとは一線を引いていたようだ。

「ヴェネィアは神ならぬ人間の作った最高の街」と言った人がいた。
「ヴェネィアは海と結婚した」という言葉があり、その祝日もある。
水の上に浮かぶロマンチックな雰囲気を伴うが、その裏には集団に頼ることなく、自分で上手に生きようとするバイタリティを感じる。

ドゥ・カーレ宮殿内部

まばゆいばかりに光輝くドゥ・カーレ宮殿内部

ドゥ・カーレ宮殿と呼ばれるドージェの館は官邸であったが、大評議室に描かれた壁画をルーベンスも目にしたであろうか。
まばゆいばかりのルネッサンス・ヴェネィア派の画家たちの作品をみて、フランダースから来た若きルーベンスはさぞかし驚いたことであろう。

ティントレット『ヴェネツィア称揚』(1584年)

ティントレット『ヴェネツィア称揚』(1584年)

ルーベンスが影響を受けたといわれるティツィアーノ・ヴェチェッリオによる『祈りを捧げるグリマーニ総督』(1575-1576年頃)

ルーベンスが影響を受けたといわれるティツィアーノ・ヴェチェッリオによる『祈りを捧げるグリマーニ総督』(1575-1576年頃)

ティントレットの
『ヴェネツイア称揚』

ティツイアーノの
『祈りを捧げるグリマーニ総督』

パオロ・ヴェロネーゼの『ヴェネツィア礼賛』

パオロ・ヴェロネーゼ『ヴェネツィア礼賛』(1585年)

パオロ・ヴェロネーゼ『ヴェネツィア礼賛』(1585年)

他にも、まばゆい絵画が豪邸を飾っていた。
一方で、 地下には往時をしのばせて奴隷用の牢獄も備わっており、栄光に隠れた影の部分も知ることができた。
往時をしのぶよい機会となった。

ビザンチン様式のサン・マルコ寺院は、首長ドージェ個人が建てた教会である。
その丸い天井にかかれた黄金のモザイクが燦然と輝いていた。

光り輝くサン・マルコ寺院入り口

光り輝くサン・マルコ寺院入り口

ホテルをチェックアウトするとき ラゲージを運ぶことを依頼した。運河が目の前なので舟で運ぶのかと思っていたのだが・・・

若いポーターが大きなスーツケースを駅まで運んでくれたので、階段もラクチン

若いポーターが大きなスーツケースを駅まで運んでくれたので、階段もラクチン

ホテルの前に運び屋が待っていた。駅までラゲージ一個5ユーロだという。
アルバイト風の青年が二人で荷車に乗せて運んでくれた。かつての東京駅の赤坊さんを思いだし仕事師の有難かったこと!グランデ カナルと小さな運河に架かる橋も軽く超えることが出来た。階段状の橋の下には冷たい冬の鉛色の水面がうねっていた、ふと我が家の東京の目黒川の色と重なった。

サンタルチア駅に到着。
私には映画の思い出がある。キャサリーン・ヘッバーン主演の“旅情”である。
中年のアメリカ女性がヴェネチアに観光に来て、リアルト橋付近の商店主(ロッサナ・ブラッツイ―)としばしの恋が咲くのであるが、別れの時が来る。この男の俳優さんは私の大好きな映画“若草物語”の中のベア先生なのだ。
彼は非常にドイツ的と思っていたのにイタリア人でした! 別れを惜しむクライマックス場面がこの駅なのである。
甘くも美しいメロディーを思い出しながら私もお別れをした。

“I dream of a summer time~~~”

アリべ デルチ ヴェニス

サンタルチア駅

サンタルチア駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です